読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代独身、米国株を買う

米国株投資に関するさまざまな事柄。たまに他のことも書きます。

【AT&T】タイム・ワーナー、第1四半期業績は予想超え。買収完了は年末

f:id:stock_ing:20170508232440p:plain

アメリカの人口はゆるやかに増えるようですが、

それに対して携帯電話端末の販売競争は激化するでしょうから

早いところ、他の事業で稼げるようにしないといけません。

 

AT&Tにとっては大手メディア企業「タイム・ワーナー」の買収が

その一手のひとつだと思います。

 

ライバルのベライゾンが米ヤフーの買収で10億人以上の利用者と

それに対する適切な広告ビジネスで売り上げを伸ばしてくるでしょうから

AT&Tはそれに太刀打ちしなければなりません。

 

ストレート・パスの争奪戦でも火花を散らしている両社。

携帯電話事業を軸に持ちつつ、どのようなサービスを展開してくるのか。

2017年のアメリカ携帯電話事業者対決が大きく動き出しそうな予感です。

 

ちなみにまだ見てないのですが

キングコングの映画最新作『Kong: Skull Island』って

米国では結構稼いだ作品だったようですね。意外。

 

ちなみにタイム・ワーナーの売上高は77億4,000万ドル(第1四半期決算)。

アナリストによる予想は76億7000万ドルでした。